コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正格旋法 せいかくせんぽうauthentic modes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正格旋法
せいかくせんぽう
authentic modes

音楽用語。教会旋法のうち,フィナーリス (終止音) からオクターブ上のフィナーリスまでの音域 (アンビトゥス) をもつ旋法,すなわちドリア,フリギア,リディア,ミクソリディア,エオリア,イオニアの各旋法をさす。フィナーリスをオクターブ音域の中間にもつ変格旋法と対照される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の正格旋法の言及

【旋法】より


[西洋]
 西洋中世のモードゥスmodusから発する理論用語は,リズムのモードゥスと音階のモードゥスとがあり,旋法にあたるものは後者である。西洋の音階では全音階の各度に主音がくるので理論上7個の旋法があり,また主音を第1度と一致させる正格旋法や,一致しない変格旋法がある。このように一つの音階から数多くの旋法が考えられるが,中世ヨーロッパではこのうち四つの正格旋法,四つの変格旋法が用いられ,これが教会旋法として,その後独自の理論を発展させた。…

※「正格旋法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正格旋法の関連キーワード音階

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android