正統派マルクス主義(読み)せいとうはマルクスしゅぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正統派マルクス主義
せいとうはマルクスしゅぎ

ドイツ社会民主党をはじめとする第2インター系の修正派マルクス主義 (→修正主義 ) に対して,レーニンボルシェビズムに依拠したロシア・マルクス主義をさす。 1930年代のスターリンの全権掌握によってマルクス=レーニン主義は極度に教条化し,他の批判を許容しないまでに硬直化したため,1956年のスターリン批判以後,正統派マルクス主義は教条主義の代名詞として使われるようにもなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android