コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正統派マルクス主義 せいとうはマルクスしゅぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正統派マルクス主義
せいとうはマルクスしゅぎ

ドイツ社会民主党をはじめとする第2インター系の修正派マルクス主義 (→修正主義 ) に対して,レーニンボルシェビズムに依拠したロシア・マルクス主義をさす。 1930年代のスターリンの全権掌握によってマルクス=レーニン主義は極度に教条化し,他の批判を許容しないまでに硬直化したため,1956年のスターリン批判以後,正統派マルクス主義は教条主義の代名詞として使われるようにもなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

正統派マルクス主義の関連キーワードネグリ(Antonio Negri)カール・ヨーハン カウツキーオーストリア・マルクス主義構造改革[イタリア]フランクフルト学派A. アマールリクノイエ・ツァイト社会民主主義コワコフスキアマールリクエンゲルスカウツキー向坂逸郎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android