正長斑岩(読み)せいちょうはんがん(英語表記)orthophyre

岩石学辞典の解説

正長斑岩

正長石の斑晶が長石質の石基に含まれる特徴の岩石を総括した名称であったが[Coquand : 1857],ローゼンブッシュは粗面岩に対応する先第三紀の岩石に限定した[Rosenbusch : 1887].この岩石名は正長石の結晶が短い矩形状の断面をもち無方向に並んだ短柱斑状(orthphyric)組織名として残っている[Tomkeieff : 1983].正長珪長岩(orthofelsite)[Teall : 1888].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android