コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正阿弥道喜 しょうあみ どうき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正阿弥道喜 しょうあみ-どうき

?-? 江戸時代前期の装剣金工。
京都の人。幼少の弟池田忠継にかわり備前岡山藩の政治をおこなった池田利隆に慶長(1596-1615)のころめしかかえられ,藩主の刀剣装具を製作した。以後,代々正阿弥を称し,岡山藩につかえた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android