コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田利隆 いけだ としたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田利隆 いけだ-としたか

1584-1616 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)12年9月7日生まれ。池田輝政(てるまさ)の長男。慶長8年異母弟忠継(ただつぐ)が幼少のため岡山城にはいり,備前監国として藩政を代行。18年父の遺領のうち宍粟(しそう)・佐用(さよ)・赤穂(あこう)の3郡をのぞく播磨(はりま)(兵庫県)13郡42万石をつぎ,姫路藩主池田家2代となる。大坂冬の陣・夏の陣で軍功をたてた。元和(げんな)2年6月13日死去。33歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

池田利隆 (いけだとしたか)

生年月日:1584年9月7日
安土桃山時代;江戸時代前期の武将;大名
1616年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の池田利隆の言及

【播磨国】より

…旧国名。播州。現在の兵庫県西南部。
【古代】
 山陽道に属する大国(《延喜式》)で,その東端に位置した。明石,賀古,印南(いなみ),飾磨(しかま),揖保(いいぼ),赤穂,佐用,宍粟(しさわ),神崎,多可,賀茂,美囊(みなき)の12郡よりなる。国司四等官のうち大国にのみ置かれる大目(だいさかん)が712年(和銅5)に播磨国にいるので(《続日本紀》),8世紀初めより大国であったことがわかる。国府は《和名抄》によれば飾磨郡にあり,所在地はいまの姫路市で,姫路城の東または南東部と推定される。…

※「池田利隆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

池田利隆の関連キーワード石黒甚右衛門正阿弥道喜牧野織部池田恒元池田光政生年月日池田長幸番氏明武将

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

池田利隆の関連情報