コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

此糸・蘭蝶 このいと・らんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

此糸・蘭蝶 このいと・らんちょう

初代鶴賀若狭掾(わかさのじょう)の新内節「蘭蝶」の登場人物。
江戸吉原の幇間(ほうかん)市川蘭蝶は遊女此糸とふかい仲となる。蘭蝶の女房お宮に夫とわかれてほしいとたのまれた此糸は,自殺覚悟で承知する。此糸の気持ちを見ぬいた蘭蝶は此糸と心中。これを脚色した歌舞伎「若木仇名草(わかぎのあだなぐさ)」では,蘭蝶はもと武士で,ぬすまれた主家の宝物詮議をくわえた筋となる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android