コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武井夕庵 たけい せきあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武井夕庵 たけい-せきあん

?-? 戦国-織豊時代の武将。
はじめ美濃(みの)(岐阜県)の斎藤家の家臣。のち織田信長の右筆(ゆうひつ),奏者として重用され外交面でも活躍した。天正(てんしょう)2年(1574)信長が東大寺正倉院の名香蘭奢待(らんじゃたい)をきりとったとき奉行をつとめた。号は爾云(じうん)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

武井夕庵の関連キーワード朝山日乗(ちょうざんにちじょう)

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android