コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武文蟹 タケブンガニ

大辞林 第三版の解説

たけぶんがに【武文蟹】

平家蟹の異名。 〔元弘の変に兵庫湊で戦死した秦武文はたのたけぶんの生まれ変わりという〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の武文蟹の言及

【カニ(蟹)】より

…甲羅を脱いで再生することから奄美・沖縄地方には出産時にこれをはわせて幼児の成育を願う習俗があり,またその甲羅の模様が人の顔に似ていることから怨念ある死者の再来とも説明された。平家蟹が水没した平氏の霊の生まれかわりとされ,武文蟹も同じくこの名の死者の姿と説かれる。正月にサワガニを門口にかけて守とする風習も強力な霊によって悪疫や災魔の侵入を防ぐ意味と見られる。…

※「武文蟹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android