コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平家蟹 ヘイケガニ

デジタル大辞泉の解説

へいけ‐がに【平家×蟹】

ヘイケガニ科の甲殻類幅2センチくらい。甲は丸みを帯びた方形で、人面状の隆起がある。歩脚の後ろ二対は短くて背面にあり、これで貝殻を背負う。日本近海、特に瀬戸内海に多く、平家亡霊が化したという伝説がある。たけぶんがに。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へいけがに【平家蟹】

海産のカニ。甲の幅約2センチメートル。全身暗紫褐色。前二対の脚が発達して歩行に使われ、後ろ二対の脚は短く、これで貝殻などを甲の上に背負う。甲の凹凸が怒った人の顔のように見え、平家の怨霊が乗り移ったとの伝説を生んだ。瀬戸内海から黄海・東シナ海にかけての浅海に分布。タケブンガニ。オニガニ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

平家蟹 (ヘイケガニ)

学名:Neodorippe japonica
動物。ヘイケガニ科のカニ

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

平家蟹の関連キーワード東シナ海牧野省三武文蟹壇之浦歩行浅海黄海海産怨霊分布凹凸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平家蟹の関連情報