コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平家蟹 ヘイケガニ

2件 の用語解説(平家蟹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

へいけ‐がに【平家×蟹】

ヘイケガニ科の甲殻類。甲幅2センチくらい。甲は丸みを帯びた方形で、人面状の隆起がある。歩脚の後ろ二対は短くて背面にあり、これで貝殻を背負う。日本近海、特に瀬戸内海に多く、平家の亡霊が化したという伝説がある。たけぶんがに。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へいけがに【平家蟹】

海産のカニ。甲の幅約2センチメートル。全身暗紫褐色。前二対の脚が発達して歩行に使われ、後ろ二対の脚は短く、これで貝殻などを甲の上に背負う。甲の凹凸が怒った人の顔のように見え、平家の怨霊が乗り移ったとの伝説を生んだ。瀬戸内海から黄海・東シナ海にかけての浅海に分布。タケブンガニ。オニガニ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone