むしゃぶりつく(読み)ムシャブリツク

デジタル大辞泉の解説

むしゃぶり‐つ・く

[動カ五(四)]《「むさぶりつく」の音変化》夢中でしがみつく。すがりついて、離れまいとする。「母親に―・いて泣く」
[補説]「武者振り付く」とも当てて書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むしゃぶりつく【武者振り付く】

( 動五[四] )
〔「むさぶりつく」の転。「武者振り付く」は当て字〕
激しい勢いでだきつく。 「子供が母親に-・く」 「(女房ガ)-・くのを振り放す/雁 鷗外」 〔「激しい勢いで食い付く」の意で用いるのは誤り〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

むしゃぶりつくの関連情報