コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

震い付く フルイツク

デジタル大辞泉の解説

ふるい‐つ・く〔ふるひ‐〕【震い付く】

[動カ五(四)]
感情をおさえることができないで、思わず抱きつく。
「何時見てもあの女は、何だかこう水際立った、―・きたいような風をしている」〈芥川・好色〉
寒さや病気などのために身体がふるえる。
「にはかに―・きて御所中むさきよし」〈御湯殿上日記・文明一四年閏七月二九日〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふるいつく【震い付く】

( 動五[四] )
興奮して、思わずだきつく。むしゃぶりつく。 「 - ・きたくなるほどいい女だ」
体が激しくふるえる。 「今朝ヨリシタタカ-・イタト/天草本伊曽保」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android