コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

齧り付く カジリツク

デジタル大辞泉の解説

かじり‐つ・く【×齧り付く】

[動カ五(四)]
物の端に勢いよく歯を立てる。ぎゅっとかじる。食いつく。「大きなフランスパンに―・く」
しっかりくっついて離れまいとする。しがみつく。「母親に―・いて甘える」
一つの物事に執着して離れまいとする。しがみつく。「テレビに―・く」

かぶり‐つ・く【×齧り付く/×噛り付く】

[動カ五(四)]
口を大きく開けて食いつく。勢いよくかみつく。「リンゴに―・く」
しっかりと取りつく。かじりつく。「舞台に―・く」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かじりつく【齧り付く】

( 動五[四] )
かみつく。かぶりつく。 「リンゴに-・く」
しっかりとりつく。しがみついて離れまいとする。また、懸命に取り組む。 「母親に-・く」 「石に-・いてもやりぬく」 「机に-・いて勉強する」
地位などから離れまいとして、未練がましくしがみつく。 「社長のいすに-・く」
[可能] かじりつける

かぶりつく【齧り付く】

( 動五[四] )
口を大きく開けて、勢いよくかみつく。かじりつく。 「リンゴに-・く」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報