コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歩揺 ほよう

大辞林 第三版の解説

ほよう【歩揺】

〔歩くたびに揺れるところから〕
古代中国で、女性の髪飾り・かんざしの類。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の歩揺の言及

【髪飾】より

…鎌倉時代には釵子と造花をあしらったものがはやり,後代これが花簪となっていった。 一方,中国では古くから髪に花枝を飾る風があり,漢の時代にはその流れをくむ非常に複雑な髪飾〈歩揺(ほよう)〉があらわれている。歩揺とは,花や獣をかたどった金製の装飾板を前額にあてたもので,上に珠の垂飾がついていて,文字通り歩くたびにそれが揺れたので歩揺の名がある。…

【冠】より

… 漢文化の浸透する以前の匈奴,鮮卑などは頭部を覆ったり周囲を飾る金製の冠を用い,王権の象徴とした。4世紀以降の鮮卑,高句麗,百済,加羅,新羅では,以前の匈奴や鮮卑の制をうけつぎ,歩揺とよばれる金片をちりばめた金製の冠を用い,そのほかに羽根をつけたり樺を付した冠があった。とくに古新羅の墳墓からは,多くの金製の優品が発見されている。…

※「歩揺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

歩揺の関連キーワード巨勢山古墳群金鈴塚古墳かんざし新沢千塚慕容部髪飾り宝髻

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歩揺の関連情報