コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴史的レガッタ れきしてきレガッタ

1件 の用語解説(歴史的レガッタの意味・用語解説を検索)

世界の祭り・イベントガイドの解説

れきしてきレガッタ【歴史的レガッタ】

イタリア北部の都市ベネチアで開催される小舟のレース。レース前に行われる大小のゴンドラパレードが、壮大で美しい。宮殿のように飾られたブチントーロという大きなゴンドラを先頭に、ベネチアの伝統的衣装を身にまとった人々が乗った大小のゴンドラが大運河カナルグランデをパレードする。レースで使われる舟は、ゴンドラより小さく、「ゴンドリーニ」という。開催時期は毎年9月の第1日曜。◇「ゴンドラ」はベネチアの運河で使われる舟で、船首と船尾がそり上がっているのが特徴。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歴史的レガッタの関連キーワードカンナレージョサンタマリアデイミラーコリ教会スカルツィ橋ドルソドゥーロトルチェッロ島ブラーノ島ベネチアビエンナーレムラーノ島リアルト橋リド島

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone