コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴史的景観権 レキシテキケイカンケン

デジタル大辞泉の解説

れきしてきけいかん‐けん〔レキシテキケイクワン‐〕【歴史的景観権】

国民が歴史的・文化的価値があり観賞価値の高い景観を享受できる権利環境権の一つとして主張されている。
[補説]平成6年(1994)に結審した和歌浦景観保全訴訟では法律上の具体的権利として認められなかったが、平成21年(2009)の鞆の浦埋め立て差し止め訴訟では広島地裁が同地の景観の歴史的・文化的価値を認め、景観利益保護のため工事の差し止めを命じた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

歴史的景観権の関連キーワード補説