死出の山路(読み)シデノヤマジ

デジタル大辞泉の解説

しで‐の‐やまじ〔‐やまぢ〕【死出の山路】

死出の山の険しい山道。
「見し世にぞかくも言はましなげきなく―をいかで越ゆらむ」〈宇津保・国譲上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しでのやまじ【死出の山路】

死出の山の山道。 「夏は郭公を聞く。語らふごとに、-を契る/方丈記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しで【死出】 の 山路(やまじ)

死出の山の険しい山路。
※後撰(951‐953頃)哀傷・一四〇五「昨日までちよとちぎりし君をわがしての山地にたづぬべき哉〈藤原師輔〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android