コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殉馬坑 じゅんばこう

世界の観光地名がわかる事典の解説

じゅんばこう【殉馬坑】

中国の山東省淄博(しはく)市の斉国故城東北部にある、斉の君主の墓といわれている、大規模な陵墓。『春秋左氏伝』に「崔氏、荘公を北郭に側す」とあり、斉の君主が埋葬されたことを伝えている。幅5m、全長約210mで、1964年と72年の2度にわたる発掘により出土した殉馬数は228頭。頭部を外側に向けて2列に規則正しく並んで横たわっている様子は壮観である。の長さから、殉馬は600頭以上と予想され、斉の権力者の力がいかに強大であったか推測できる。西側南部の坑に建てられた展示館内には、殉馬105頭が並んでいる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android