警報(読み)ケイホウ

デジタル大辞泉の解説

災害・危険が迫ったことを伝えて、注意・準備を人々に促すこと。また、その知らせ。「洪水警報が出る」「警報が解除される」→気象警報

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

気象警報,津波警報火災警報など自然現象だけではなく,広義には空襲警報のように人為的な原因によって被害が生ずると予想される時,注意をうながすために出される情報をいう。したがって目的,通知する対象により,内容,警報を出す責任機関なども違ってくる。警報は災害を防ぐ準備をするために出されるものであり,とくに避難には有効である。警報は精度が高いことが望ましいが,避難時間などは現象の起こる相当前に出す必要があり,精度を多少落としても,早めに出した方がよい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 危険が起こりそうな時、人々に注意して警戒させること。また、その知らせ。暴風雨・出水・火事・空襲などの危険を、まえもって、ラジオ、テレビ、サイレン、鐘などで知らせること。
※日本外史(1827)一四「信長得警報、令成政等馳還拒一レ之」
※愛弟通信(1894‐95)〈国木田独歩〉波濤「突然一警報を耳にす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

警報の関連情報