コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残存輸入制限品目 ざんぞんゆにゅうせいげんひんもく residual quantitative import restriction items

1件 の用語解説(残存輸入制限品目の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

残存輸入制限品目
ざんぞんゆにゅうせいげんひんもく
residual quantitative import restriction items

ガットは輸入数量制限を原則として禁止しているが,国内産業保護の理由から輸入数量制限を実施している品目がある。たとえば (1) 国家貿易品目 (塩,アヘン,小麦,米,エチルアルコールなど) ,(2) 公徳の保護および人,動植物の生命健康の保護のために制限が必要な品目 (コカイン,大麻,微生物ワクチン,べっこうなど) ,(3) 安全保障のための例外として定められている品目 (核分裂性元素,原子炉,武器など) がそれに当たる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

残存輸入制限品目の関連キーワードセーフガード残存輸入制限双方代理ネガティブリストポジティブリストステライルコックピット輸入割当制度IQ制度関税割当て(制度)準アクロバット要素

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone