コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残存輸入制限品目 ざんぞんゆにゅうせいげんひんもくresidual quantitative import restriction items

1件 の用語解説(残存輸入制限品目の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

残存輸入制限品目
ざんぞんゆにゅうせいげんひんもく
residual quantitative import restriction items

ガットは輸入数量制限を原則として禁止しているが,国内産業保護の理由から輸入数量制限を実施している品目がある。たとえば (1) 国家貿易品目 (塩,アヘン,小麦,米,エチルアルコールなど) ,(2) 公徳の保護および人,動植物の生命健康の保護のために制限が必要な品目 (コカイン,大麻,微生物ワクチン,べっこうなど) ,(3) 安全保障のための例外として定められている品目 (核分裂性元素,原子炉,武器など) がそれに当たる。日本の残存輸入制限品目数は 1969年に 120品目あったが,その後自由化の進展により 85年に 27品目,94年4月現在は農林水産物 12品目になっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone