コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

段階的抑止戦略 だんかいてきよくしせんりゃく strategy of graduated deterrence

1件 の用語解説(段階的抑止戦略の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

段階的抑止戦略
だんかいてきよくしせんりゃく
strategy of graduated deterrence

戦争様式の段階ごとに抑止作用を働かせようとする戦略。通常戦力から戦場核,戦術核,戦域核,戦略核などの段階的戦力を保持し,戦争様式が1段階上がろうとするたびに抑止作用を働かせると同時に,全面的破壊の可能性をもつ戦略核戦争へ1段階ずつ近づくことによって,核抑止力を次第に強くきかせるという考え方である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

段階的抑止戦略の関連キーワードチャネルの段階利かせる働かす奸雄知謀行政作用抗真菌薬細菌発育阻止作用河川作用プロト結晶作用

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone