コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

段階的抑止戦略 だんかいてきよくしせんりゃくstrategy of graduated deterrence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

段階的抑止戦略
だんかいてきよくしせんりゃく
strategy of graduated deterrence

戦争様式の段階ごとに抑止作用を働かせようとする戦略。通常戦力から戦場核,戦術核,戦域核,戦略核などの段階的戦力を保持し,戦争様式が1段階上がろうとするたびに抑止作用を働かせると同時に,全面的破壊の可能性をもつ戦略核戦争へ1段階ずつ近づくことによって,核抑止力を次第に強くきかせるという考え方である。 1950年代以降多くの人によって提唱されたが,アメリカの M.テーラー柔軟反応戦略も一種の段階的抑止戦略である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android