核抑止力(読み)かくよくしりょく(英語表記)nuclear deterrent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抑止の機能を実際に果たす戦力。具体的には大陸間弾道ミサイル ICBM,潜水艦発射弾道ミサイル SLBM,戦略核爆撃機などの核兵器体系があげられる。ただし抑止という概念は本来心理的,相対的なものであるため,抑止力としてなにが十分かということも客観的には決められず,常に相互に作用,反作用を繰り返す傾向がある。アメリカ合衆国とソビエト連邦がともに複数独立目標弾頭 MIRVや弾道ミサイル迎撃ミサイル ABMを開発したのは,核抑止力のこうした根本的な不安を解消できないためであった。冷戦後アメリカ,ロシア両国が戦略核兵器の大幅削減で合意してのちも抑止の概念は生き残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

核報復兵器を保有することによって、国家間の戦争を思いとどまらせる力。また、他国に核攻撃を思いとどまらせる力。「我が国の安全保障は他国の核抑止力に依存している」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

核抑止力の関連情報