コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殺処分 サツショブン

2件 の用語解説(殺処分の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さつ‐しょぶん【殺処分】

人間に危害を及ぼすおそれのある動物、または不要となった動物を殺すこと。家畜伝染病の蔓延(まんえん)防止や特定外来生物の防除などのために行われるほか、保健所に持ち込まれた犬・猫などのペットに対しても行われる。いずれの場合も、あらかじめ規定された指針や法律などに基づいて実施される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

殺処分

環境省によると、全国の犬猫の殺処分数は統計を取り始めた74年の約122万匹がピーク。07年度は約30万匹まで減ったが、殺処分率は89%。近年は犬の減少率に比べ、猫の高止まりが目立つ。去勢・不妊対策が進まず、野良猫の繁殖を抑えきれないのが主因だ。

(2009-09-19 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

殺処分の関連キーワード航空灯台残留農薬及ぼす危害キックアウトSマーク推及ぼす襲うアイザック・アシモフのロボット工学の三原則(三法則)緊急防除

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

殺処分の関連情報