家畜伝染病(読み)かちくでんせんびょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家畜伝染病
かちくでんせんびょう

ウイルスマイコプラズマリケッチア,真菌,原虫,寄生虫などの病原微生物が家畜に感染して引き起こす疾病(感染症)のうち,特に伝播性の顕著なもの。伝染病は一般に感染源,感染経路,感受性宿主の三つを成立要素とする。防疫はこれらの要素に対し適切な措置(消毒,検診,予防接種,早期発見・隔離,殺処分など)を講ずることが重要である。予防,治療法としては,ワクチン血清,抗菌性物質などの投与と対症療法が行なわれるが,罹患家畜の摘発淘汰が行なわれることもまれではない。また悪性の急性伝染病については,防疫を徹底して行なう必要から,家畜伝染病予防法で特に 28種の家畜法定伝染病(ほかに 71種の家畜届出伝染病がある)を定め,伝染病の予防と蔓延の防止のための規定を置いている。第2次世界大戦後,畜産の発展に伴って家畜伝染病の病禍も著しく増加した。在来の伝染病種に加え海外から新種の伝染病が流入し,大規模飼育化,家畜流通の広域化によって被害の大型化,広域化が進んで,特に悪性種の全国的な常在化を招いた。一方で伝染病の診断,予防に関する研究や防疫体制の整備も進んだ。なお防疫など家畜衛生業務一般を行なう家畜保健衛生所は,全国約 200ヵ所に設置されている。(→ウシ海綿状脳症口蹄疫炭疽鳥インフルエンザ豚コレラブルセラ症

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かちく‐でんせんびょう〔‐デンセンビヤウ〕【家畜伝染病】

家畜伝染病予防法によって定められた家畜がかかる伝染病で、特に伝染性が強く一群の家畜を一時に失うおそれのある疾病。平成9年(1997)より、同法では家畜伝染病と届出伝染病をまとめて監視伝染病とよぶ。家畜伝染病には、狂犬病牛疫・豚コレラ・炭疽(たんそ)などが指定されている。家畜法定伝染病

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かちくでんせんびょう【家畜伝染病】

牛・馬・豚などの家畜がかかる感染症で、特に伝染力が強く被害が大きいため、家畜伝染病予防法で規定しているもの。牛疫・狂犬病・鼻疽びそなど26種。家畜法定伝染病。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かちく‐でんせんびょう ‥デンセンビャウ【家畜伝染病】

〘名〙 牛、馬、豚などの家畜がかかる伝染病。特に強い伝染力を持ち、被害の大きい牛疫、狂犬病、馬伝染性貧血、豚コレラなどは、家畜法定伝染病として指定されている。獣疫

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家畜伝染病の関連情報