コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家畜伝染病 かちくでんせんびょう

4件 の用語解説(家畜伝染病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家畜伝染病
かちくでんせんびょう

ウイルスマイコプラズマリケッチア,真菌,原虫,寄生虫などの病原微生物が家畜に感染して引き起こす疾病(感染症)のうち,特に伝播性の顕著なもの。伝染病は一般に感染源,感染経路感受性宿主の三つを成立要素とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かちく‐でんせんびょう〔‐デンセンビヤウ〕【家畜伝染病】

家畜伝染病予防法によって定められた家畜がかかる伝染病で、特に伝染性が強く一群の家畜を一時に失うおそれのある疾病。平成9年(1997)より、同法では家畜伝染病届出伝染病をまとめて監視伝染病とよぶ。家畜伝染病には、狂犬病牛疫豚コレラ炭疽(たんそ)などが指定されている。家畜法定伝染病

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かちくでんせんびょう【家畜伝染病】

牛・馬・豚などの家畜がかかる感染症で、特に伝染力が強く被害が大きいため、家畜伝染病予防法で規定しているもの。牛疫・狂犬病・鼻疽びそなど26種。家畜法定伝染病。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家畜伝染病の関連情報