比例区の特定枠

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

比例区の特定枠

各政党の裁量であらかじめ候補者を指定できる参院選比例区の枠で、指定された候補者は個人名の得票数と関係なく優先的に当選できる。昨年の公職選挙法改正に伴い、今回の参院選で初めて導入される。複数候補者を指定する場合、事前に順位を付けておく必要がある。導入は、2016年の参院選から実施された合区が背景にある。「鳥取・島根」「徳島・高知」がそれぞれ一つの選挙区となり、選挙区に候補者を出せない県ができることになった。そこで自民党は、こうした候補者を特定枠で救済する方針で、今回は島根県と徳島県の候補者を充てる。

(2019-07-06 朝日新聞 朝刊 特設C)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

比例区の特定枠の関連情報