コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪山 みわやま

7件 の用語解説(三輪山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三輪山
みわやま

奈良県奈良盆地南東部,桜井市北部にある山。標高 467m。頂上部は斑糲岩から成り,古松,老杉におおわれた美しい円錐形の山容を示す。西麓に大神 (おおみわ) 神社があり,山全体がその神体となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みわ‐やま【三輪山】

奈良県桜井市北西部にある山。標高467メートル。古来信仰の山で、全山が大神(おおみわ)神社の神体。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三輪山【みわやま】

奈良県桜井市にある山。標高467m。円錐形の山で,西麓にある大神(おおみわ)神社の神体(三輪山伝説)。山中に原始信仰のなごりといわれる巨石群磐座(いわくら),南西麓に鎌倉初期の金屋の石仏がある。
→関連項目桜井[市]吉野杉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みわやま【三輪山】

奈良盆地東南部,桜井市の北部にある山。標高467m。美和山などとも記し,三諸(みもろ)山(御諸山)ともいう。南は初瀬川,北は巻向(まきむく)川で限られ,背後には巻向山,初瀬山が連なる。年経た松杉で覆われた端正な円錐形の山であるが,頂上部が斑レイ岩の堅岩より成り,火山ではない。西山麓には神殿をもたずこの山を神体とする大神(おおみわ)神社があり,山裾を縫って山辺の道が巻向,石上(いそのかみ)へと続いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みわやま【三輪山】

奈良県桜井市、大和高原南西端部にある山。海抜467メートル。全山が大神おおみわ神社の御神体とされ、古松におおわれている。三諸みもろ山。⦅歌枕⦆ 「わがいほは三輪の山もとこひしくはとぶらひきませ杉たてるかど/古今 雑下

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕三輪山(みわやま)


奈良盆地の東南、桜井市北部にある山。標高467m。なだらかな円錐(えんすい)形の山容が特徴的。山全体が山麓(さんろく)に鎮座する大神(おおみわ)神社の神体として古くからあがめられ、山頂に30の磐座(いわくら)がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三輪山
みわやま

奈良県北部、桜井市にある山。標高467メートル。大和(やまと)高原南西端に位置し、東側の巻向(まきむく)山、初瀬(はせ)山と尾根続きになっている。山体は花崗(かこう)岩類、頂上部は角閃斑糲(かくせんはんれい)岩からなる。奈良盆地側から見ると松の木に覆われた円錐(えんすい)形の山であるが、火山ではなく侵食から残ったもの。古来信仰の中心で、西麓(せいろく)に三輪山を神体とする大和一宮(いちのみや)の大神(おおみわ)神社が鎮座する。山中には三段に分かれて山を取り巻く「磐座(いわくら)」と称する巨石群がある。古歌に多く詠まれ、額田王(ぬかたのおおきみ)の「三輪山をしかも隠すか雲だにもこころあらなも隠さふべしや」(『万葉集』巻1)は有名である。大和青垣(あおがき)国定公園域。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三輪山の言及

【大神神社】より

…歴史的には,最も古式の信仰形態をとどめる神社として有名。すなわち,大和盆地の南東に麗姿を示す三輪山を神体とし,これを遥拝する。祭神は,《古事記》には〈意富美和(おほみわ)之大神〉,《日本書紀》では〈大物主大神〉とされる。…

【神体山】より

…山岳崇拝そのものは原始古代社会の宗教文化に共通するが,神体山の称は日本の神社祭祀や修験道などが歴史を通じて崇拝や信仰の対象としてきた各地の名山高岳を改めて共通に表現する言葉として近代に使われるようになった。神体という語は平安中期に成立したが,山を神体とする表現は山崎闇斎の《垂加神道初重伝》を最初にして江戸中期に奈良県の三輪山をいうようになり,神体山の用語も1871年(明治4)に大神(おおみわ)神社が奈良県あての口上書に三輪山を指して使ったのが最初とされる。しかし類語としては古く《古事記》《日本書紀》や《万葉集》にミムロヤマ(御諸,三諸,御室)があり,また《万葉集》や《出雲国風土記》に広く使われているカンナビ,カンナビヤマ(神奈備)がある。…

【三輪】より

…奈良県桜井市北部,三輪山のふもとの大神(おおみわ)神社(大和国一宮)などのある一帯の大字名。神体山として信仰された三輪山の山腹には奥津,中津,辺津の三つの磐座(いわくら)の巨石群も残る,初期大和政権とのかかわりの深い地域である。…

※「三輪山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三輪山の関連キーワード鳥見山奈良県桜井市吉備奈良県桜井市狛奈良県桜井市桜井奈良県桜井市奈良県桜井市芝奈良県桜井市下奈良県桜井市辻奈良県桜井市外山奈良県桜井市山田

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三輪山の関連情報