コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比例費 ひれいひproportional cost

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比例費
ひれいひ
proportional cost

原材料費などのように操業度の変化と比例して増減する費目をいう。変動費と同義に用いられることもあるが,より細かく分類する場合はその変動の度合いによって比例費,逓減費,逓増費に分けられる。逓減費というのは操業度の上昇につれて増加するが,その増加の割合は操業度の上昇の割合以下になる費目であり,また逓増費とは操業度の上昇の割合以上に増加する費目である。前者は利子費がその一例であり,後者の一例としては夜勤手当が考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

比例費の関連キーワード経営費用論利益図表費用

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android