コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

操業度 そうぎょうど operating ratio; rate of operation

5件 の用語解説(操業度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

操業度
そうぎょうど
operating ratio; rate of operation

操業率ともいう。企業が有する生産能力の一定期間における利用状態を示す。現実には生産能力の最大値を 100とし,それに対する実際の生産量の比率で表わされる。平均費用を最低にするものを最適操業度,限界費用と限界収益が等しくなるものを最有利操業度といい,このとき企業は最大利潤を生む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そうぎょう‐ど〔サウゲフ‐〕【操業度】

一定期間における生産設備の利用の度合い。操業率。稼働率。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

操業度【そうぎょうど】

生産・販売活動の程度を表す尺度。機械・設備の稼働(かどう)時間,直接作業時間,生産量,販売量などについて理想的または達成可能な基準を定め,それとの対比において測定される。
→関連項目操業短縮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

そうぎょうど【操業度】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

操業度
そうぎょうど
Beschftigungsgradドイツ語

生産設備の能力の利用度をいい、可能な生産量に対する実際の生産量の比率でとらえられる。操業率または稼働率ともいう。操業度は、経営活動の価値犠牲としての費用ないし原価に重大な影響を与える。同一経営の同一製品でも操業度によって単位費用(平均費用=原価)は異なる。一般に大規模経営では小規模経営よりも低い単位費用で生産できるとされるが、それは高操業度が可能な場合のみであり、不況時のように低操業度を強いられる場合には、かえって小規模経営よりも高い単位費用になることが多い。したがって、操業度を上昇させ、それによって単位費用を低下させることが、経営上の根本問題となる。これを操業政策という。[森本三男]

最適操業度

操業度を0%から上昇させていくと、平均費用はしだいに低下するが、設備利用の技術的最適点を過ぎると、設備の酷使などにより平均費用は上昇する。かくて、平均費用はU字型の経過をとるが、その最低点を最適操業度という。価格が一定であるとすれば、最適操業度において製品単位当り利益は最大になる。最適操業度を超えれば、単位当り利益は減少するが、なお追加生産に要する限界費用が価格を下回る間は、追加利益が発生する。したがって、総利益が最大になる操業度は最適操業度ではなく、それを超えた限界費用と価格の一致する操業度である。これを最有利操業度という。利潤極大化を目標とする操業政策では、最有利操業度の実現が課題となる。
 操業度の基本は、設備能力の利用度であるが、それは時間利用度と操業強度によって影響を受ける。時間利用度(実際作業時間÷正常操業時間)は、交替制をとれば利用度が大きくなる。操業強度(単位時間当り実際生産量÷単位時間当り正常生産量)は、機械の回転数やコンベヤーの速度を増大させれば、強度は大きくなる。かくて、操業度は以上の諸要因の関数になる。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

操業度の関連キーワードコア・コンピタンス生産力設備投資製造工業稼働率指数製造工業生産能力指数体力勝負フル操業NAIRU(Non-Accelerating Inflation Rate of Unemployment)失業率と有効求人倍率破産能力

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

操業度の関連情報