毛亨(読み)モウコウ

デジタル大辞泉の解説

もう‐こう〔‐カウ〕【毛亨】

中国、漢代の学者。魯(ろ)の人。毛萇(もうちょう)らとともに「毛詩」とよばれる「詩経」のテキストえた。他のテキストがほろんだため、これが今日の「詩経」となっている。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もうこう【毛亨】

中国、漢代の学者。荀子じゆんしの学を伝え、「詩経」の注釈について「毛詩故訓伝」を毛萇もうちように授けた。後世に伝わった「詩経」は、これに鄭玄じようげんが注釈を施したもの。生没年未詳。 → 毛詩

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もう‐こう ‥カウ【毛亨】

中国漢初の学者。魯の人。「詩経」を伝えた四家の一つで、自ら著わした伝(注釈)とともに、毛萇に授けた。これがいわゆる「毛詩」で、他の三家の伝えた書が失われたため、そのまま今日の「詩経」となった。生没年未詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android