毛利匡芳(読み)もうり まさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利匡芳 もうり-まさよし

1761-1792 江戸時代中期の大名。
宝暦11年1月9日生まれ。毛利重就(しげなり)の5男。明和6年(1769)兄匡満(まさみつ)のをつぎ,長門(ながと)(山口県)府中藩主毛利家10となる。匡芳の代に幕府より公称5万石の城主格をみとめられた。寛政4年藩校敬業館を創設。同年6月18日死去。32歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android