コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利匡芳 もうり まさよし

1件 の用語解説(毛利匡芳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利匡芳 もうり-まさよし

1761-1792 江戸時代中期の大名。
宝暦11年1月9日生まれ。毛利重就(しげなり)の5男。明和6年(1769)兄匡満(まさみつ)の跡をつぎ,長門(ながと)(山口県)府中藩主毛利家10代となる。匡芳の代に幕府より公称5万石の城主格をみとめられた。寛政4年藩校敬業館を創設。同年6月18日死去。32歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

毛利匡芳の関連キーワードシュパンベルグスパンベルグ牧野成賢石井庄助雲仙岳ブルボン朝ゴヤ(年譜)叙勲日本酒の消費量猪飼敬所

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone