コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛包虫症 もうほうちゅうしょう demodectic mange

1件 の用語解説(毛包虫症の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

もうほうちゅうしょう【毛包虫症 demodectic mange】

微小なイヌニキビダニネコニキビダニの寄生によって起こる皮膚病で,前者がイヌに,後者がネコに寄生する。脱毛,ふけ様物の剝離を起こし,二次的に細菌の感染をうけて化膿症を伴う。感染しても無症状のものも多いが,症状は大別して乾燥型と湿潤型とがある。初発は顔とくに眼,口周囲,四肢端であるが,下頸部から下腹部より胸側にも波及する。組織学的には角質化,錯角化が特徴で,真皮には膿瘍が散発している。低毒性有機リン剤が治療に用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

毛包虫症の関連キーワードニキビ吉備大臣赤面皰黍団子黒面皰白面皰

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone