毛包虫症(読み)もうほうちゅうしょう(英語表記)demodectic mange

世界大百科事典 第2版の解説

もうほうちゅうしょう【毛包虫症 demodectic mange】

微小なイヌニキビダニネコニキビダニ寄生によって起こる皮膚病で,前者がイヌに,後者がネコに寄生する。脱毛,ふけ様物の剝離を起こし,二次的に細菌の感染をうけて化膿症を伴う。感染しても無症状のものも多いが,症状は大別して乾燥型と湿潤型とがある。初発は顔とくに眼,口周囲,四肢端であるが,下頸部から下腹部より胸側にも波及する。組織学的には角質化,錯角化が特徴で,真皮には膿瘍が散発している。低毒性有機リン剤が治療に用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android