コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膿瘍 のうよう abscess

翻訳|abscess

6件 の用語解説(膿瘍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

膿瘍
のうよう
abscess

化膿性の炎症が限局した形をとったもの。レンサ球菌ブドウ球菌などの感染のほか,結核菌に感染した場合も,しばしば慢性化した膿瘍をつくる。限局しないで広がる蜂窩織炎に比べると,一般に予後は良い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のう‐よう〔‐ヤウ〕【×膿瘍】

化膿性の炎症において、組織が局部的に融解し、膿(うみ)がたまった状態。皮膚・肺・腎臓・肝臓・脳によく発生する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

膿瘍

 化膿性炎症により局部的に組織が融解して膿が蓄積した状態.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

のうよう【膿瘍 abscess】

化膿性炎症により限局性にうみ(膿)がたまった状態をいう。主として化膿性の細菌(ブドウ球菌,連鎖球菌肺炎双球菌髄膜炎菌,リン菌)の感染により生ずる炎症である。初期は白血球のうちの好中球の集まったものであるが,しだいに組織の融解壊死を伴って大きくなる。このときのうみの成分は好中球のみならず壊死に陥った組織や死滅した細菌および滲出液から成っている。膿瘍が持続すると,周囲に肉芽組織から成る繊維性組織ができてしまうので,外科的に排膿しないとなかなか治癒しなくなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

のうよう【膿瘍】

組織が融解し、中にうみがたまって腫瘤しゆりゆう状になった状態。細菌や原虫などの感染で生じ、皮膚・肺・腎臓・肝・脳などに好発する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

膿瘍
のうよう

炎症の滲出(しんしゅつ)物のなかに白血球の好中球が多量に含まれている場合を化膿(かのう)性炎とよぶが、化膿性炎の病巣が臓器・組織内にびまん性に広がっているものを蜂巣(ほうそう)(蜂窩(ほうか))織炎というのに対して、臓器・組織内に限局しているものを膿瘍と称する。したがって、膿瘍の中心には好中球を含む帯黄灰白色のどろどろした液状滲出物すなわち膿が充満しており、これを取り出せば空洞状の物質欠損となる。また膿瘍周囲の肉芽組織を膿瘍膜とよび、膿瘍の体表面および腔(くう)との連絡路を瘻管(ろうかん)という。さらに膿瘍が悪化すると、血行性に生じた膿血症をおこし、全身に膿瘍の小病巣を多発することになる。なお、冷膿瘍という用語があるが、これは結核病巣の壊死(えし)物質のたまったもののことで、発熱、発赤などの急性炎症症状を欠いているのでこのようによばれている。とくに骨の結核であるカリエスの場合、冷膿瘍が軟部組織の間を下にくだった場所にみられることが多く、流注膿瘍といわれる。[渡辺 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の膿瘍の言及

【発疹】より

…(3)潰瘍ulcer 皮膚の欠損が真皮にまで及ぶもので,治るときには欠損部が肉芽組織により埋められ瘢痕を残す。(4)膿瘍abscess 真皮内あるいは皮下に膿がたまった状態。大型のものは表面から触れると波動を感ずる。…

【発疹】より

…(3)潰瘍ulcer 皮膚の欠損が真皮にまで及ぶもので,治るときには欠損部が肉芽組織により埋められ瘢痕を残す。(4)膿瘍abscess 真皮内あるいは皮下に膿がたまった状態。大型のものは表面から触れると波動を感ずる。…

※「膿瘍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

膿瘍の関連キーワード限局性回腸炎脳脊髄膜炎限局性心嚢炎化膿性疾患限局性小腸結膜炎限局性腸炎化膿性炎腹膜炎 (peritonitis)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

膿瘍の関連情報