コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛幹 モウカン

デジタル大辞泉の解説

もう‐かん【毛幹】

毛の、皮膚から外に露出している部分

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もうかん【毛幹】

脊椎動物哺乳類の皮膚に生ずる毛のうち、表皮より外部に現れた太い部分。先端の細くなった部分(毛尖)と区別してよぶ。 → 毛根

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の毛幹の言及

【毛】より


【哺乳類の毛】
 哺乳類の毛は哺乳類特有のもので,クジラ類の大半を除くすべての種類が多かれ少なかれ毛を備えている(クジラ類の多くは口の周辺に少数の毛をもつ)。毛は,皮下に斜めに埋もれている毛根および毛球と,皮膚外に露出する毛幹の3部分に区別される。一般に毛根には,反射的に収縮して毛を直立させる平滑筋繊維からなる立毛筋と,脂肪を分泌する皮脂腺が付属している。…

※「毛幹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

毛幹の関連キーワード黄菌毛しらが植毛術立毛筋毛根

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

毛幹の関連情報