コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毬酸漿 イガホオズキ

デジタル大辞泉の解説

いが‐ほおずき〔‐ほほづき〕【×毬酸漿】

ナス科の多年草山地樹陰に生え、高さ約60センチ。葉は卵円形で、互生。夏から秋、葉の付け根に淡黄白色の釣鐘形の花を開く。実はとげのある萼(がく)に包まれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いがほおずき【毬酸漿】

ナス科の多年草。山地に生じ、高さ約60センチメートル。葉は互生し、卵円形。夏、葉腋ようえきに数個の下垂する白い花をつける。実の熟すころ、萼がくに生えた毛がとげにみえるのでこの名がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

毬酸漿の関連キーワードナス科数個葉腋

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android