氏名表示権(読み)しめいひょうじけん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

氏名表示権

自分の著作物を公表する時に、著作者名を表示するかしないか、表示するとすれば実名とするか変名とするかを決定する権利。その表示方法についても著作者が規定できる。新聞や雑誌、ウェブにおける写真掲載の際のクレジット表記やテレビや映画のエンドロール時に表示されるクレジットも同様のもの。ただし、プロダクトデザインなど、著作者の利益を損なうおそれがないものに関しては表示の省略が行なわれる場合もある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しめいひょうじ‐けん〔シメイヘウジ‐〕【氏名表示権】

著作者人格権の一。著作物の公表に際し、著作者の実名や変名を著作者名として表示するかどうかを決定する権利。著作権法第19条に規定される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しめいひょうじけん【氏名表示権】

著作物の創作者であることを表示し、どのような表示をなすかを決定する著作者の権利。著作者人格権の一つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android