コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

著作権法 ちょさくけんほう

6件 の用語解説(著作権法の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

著作権法

著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、著作の保護を目的とする法律。現行のものは1970年(昭和45)に制定され、翌71年に施行された。2004年に開かれた通常国会で、海外向け邦楽CDの逆輸入禁止や貸し本屋の著作権料支払いを義務付けた改正著作権法が成立。これによって音楽CDと同様に出版物にも貸し出しの際、著作者の権利を認める「貸与権」が明記され、05年1月に施行された。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

著作権法

文化の発展を目的として、著作物並びにその実演、レコード、放送などに対する著作者とそれに隣接する諸権利を保護することを定めた法律。著作物の対象は小説、音楽、絵画、地図、映画、写真、プログラムなど広範囲に及ぶ。権利の種類も、著作者人格権としての公表権、氏名表示権同一性保持権のほか、著作物に対する権利として複製権、上演権、演奏権、上映権、公衆送信権、展示権、頒布権、貸与権、翻訳権などがある。日本では、著作権の成立について無方式主義をとり、権利期間は原則その創作から著作者の死後50年間。ただし、映画については公表後70年間。2004年の法改正では、海外販売目的の音楽レコードの国内還流防止措置が採られたほか、漫画などの書籍・雑誌にもビデオやCD同様に貸与権が付与された。技術進歩に伴う表現方法の多様化、複雑化により、その保護と共に権利処理が大きな課題となっている。11年の地上デジタル放送移行を控え、懸案となっていたインターネット回線を利用した放送形態であるIPマルチキャスト放送のうち、地上波放送の同時再送信については、著作権法上は「自動公衆送信」ではなく「有線放送」と同様の取り扱いをすることで許諾権問題が解決する見込みがついた。

(桜井勉 日本産業研究所代表 / 2007年)

著作権法

文化の発展に寄与することを目的として、著作物並びにその実演、レコード、放送および有線放送についての著作者とそれに隣接する諸権利を保護することを定めた法律。文化庁が所管官庁。技術進歩に伴う利用形態の多様化や複雑化を背景とした権利者間の利害の調整あるいはグローバル化を踏まえた国際間の権利の整合性を図るために累次改正が行われている。著作物の対象は小説、音楽、絵画、地図、映画、写真、プログラム等のほか二次的著作物編集著作物データベースなど広範囲に及ぶ。権利の内容としては、著作者の固有の権利である著作者人格権(公表権、氏名表示権、同一性保持権)と著作物に対する権利としての複製権、上演権、演奏権、上映権、公衆送信権、展示権、頒布権、譲渡権、貸与権、翻訳権などがある。日本では、著作権の成立について無方式主義をとり、権利期間は原則としてその創作から著作者の死後50年間。ただし、映画については公表後70年間である。デジタル社会、インターネット社会を迎えて、著作物の進化した多様な利用形態に応じて権利者保護を図っていく一方で、著作物の利用を過度に萎縮(いしゅく)させないように利用者の利便性の向上を促進することは喫緊の課題であるとともに難しいテーマとなっている。

(桜井勉 日本産業研究所代表 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょさくけん‐ほう〔‐ハフ〕【著作権法】

著作者の権利およびこれに隣接する権利を定め、その保護を目的とする法律。日本では明治32年(1899)に初めて制定された。現行のものは昭和46年(1971)施行。
[補説]平成26年(2014)の法改正により、出版権の範囲が拡大され、紙の出版物だけでなく電子書籍も出版権の対象に含められた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょさくけんほう【著作権法】

著作者の権利およびこれに隣接する権利を定め、著作者等の権利の保護を図ることを目的とする法律。現行のものは1970年(昭和45)制定。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

著作権法
ちょさくけんほう
copyright law

一般的には各国で著作権について制定された法律。日本では,1869年の出版条例を先駆とし,1893年に版権法が制定された。そして 1899年に版権法,脚本樂譜条例,写真版権条例をまとめて著作権法が制定された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の著作権法の言及

【著作権】より

…このような動きは日本の江戸期にも見られ,たとえば本屋仲間が重板や類板の防止を幕府に願い出て出版に関し特権を得る一方,幕府のほうも出版の取締りを行った。
[著作権法の生成]
 出版者の保護と検閲が表裏一体となった制度ではいまだ著作者の保護は十分とはいえなかった。やがて著作者自身の保護に焦点を合わせる法律思潮が生じ,1709年世界最初の著作権法であるアン法がイギリスに登場した。…

※「著作権法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

著作権法の関連キーワードMSA中体連GMCJTECS日本図書館協会延喜式研究会教育思想史学会岐阜歯科学会経営学史学会科学研究費

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

著作権法の関連情報