コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

著作者人格権 ちょさくしゃじんかくけん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

著作者人格権

著作権の中の、著作者を保護する権利のこと。未公表の著作物を公表する公表権、著作者の氏名を公表する氏名表示権、著作物を他人が勝手に改変できない同一性保持権がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょさくしゃ‐じんかくけん【著作者人格権】

著作者が自己の著作物についてもつ人格的利益を保護する権利。未公表の著作物を公表するかどうかを決定する公表権、著作者名の表示の有無を決定する氏名表示権、著作物の内容および題号を著作者の意に反して改変されない同一性保持権がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブランド用語集の解説

著作者人格権

著作隣接権とは、著作者が持つ、著作者名(ペンネーム等を含む)の表示を求めたり(氏名表示権)、内容を無断で改変されない(同一性保持権)権利のことをいう。

出典 (株)日本ブランド戦略研究所ブランド用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょさくしゃじんかくけん【著作者人格権】

著作者が自身の著作物について有する人格的利益を守る権利。著作物の公表、著作物への氏名表示、著作物の同一性保持を内容とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

著作者人格権

著作者が自分の著作物について持つ“人格的な利益”を守る権利のこと。“金銭的利益”については「著作権」が受け持つ。日本の著作権法第18条~第20条によると、著作者人格権は公表権・氏名表示権・同一性保持権からなる。「一身専属権」であるため、譲渡・相続はできない。同権利は著作者の死亡によって消滅するが、死後もこれに反することは禁止されるなど一定の範囲で守られることされている。小説などの二次使用や歌手による歌詞の改変など、「著作物の内容または題号を著作者の意に反して勝手に改変されない権利」である同一性保持権が、社会的に問題となることが多い。

(2014-12-11)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

著作者人格権
ちょさくしゃじんかくけん
Urheberpersönlichkeitsrecht; droit moral; moral right

著作権法上著作者に認められている,著作物についての個別的人格権。日本の現行著作権法 (昭和 45年法律 48号) は,著作者人格権として公表権 (18条) ,氏名表示権 (19条) ,同一性保持権 (20条) の3種の権利を規定している。公表権は著作物を公表するかどうかを決定する権利,氏名表示権は著作物に実名を表示するか,変名を表示するか,または氏名を表示しないかどうかを決定する権利,同一性保持権は著作物に変更を加える権利で,いずれも著作者だけに帰属する。著作権と同様著作物の創作と同時に著作者に発生するが,著作権 (21~28条) が財産権であって譲渡・相続が可能なのに対し,一身専属的であって移転性がない。したがって著作権が移転して第三者に帰属しても,著作者人格権は著作者に残り,法律関係が錯綜するおそれがある。ベルヌ条約も類似の著作者人格権を規定しているが (6条の2) ,英米の著作権法は伝統的に著作者人格権の包括的概念をもっていなかった。しかしアメリカ合衆国においては,若干の州法が,美術の著作物について著作者人格権を定めた成文法規を有しており,イギリスの 1988年 CDPA (著作権,意匠および特許法) も,著作者人格権に関する章を新設している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

著作者人格権

著作物を創作した著作者の人格的利益を保護する権利.具体的には,〈1〉公表されていない著作物を公衆に提供・提示するかしないかを決定する権利(公表権),〈2〉著作物を公表する際に著作者の実名や変名(ペンネーム)を表示するかしないかを決定する権利(氏名表示権),〈3〉著作物の内容や題号(タイトル)を無断で改変されない権利(同一性保持権)からなる.なお,財産的権利としての著作権は他人に譲渡することができるが,著作者人格権は一身専属の権利なので他人に譲渡することはできない.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

世界大百科事典内の著作者人格権の言及

【著作権】より

…特許権や商標権などと同じく無体財産権ないしは知的所有権の一つである。この著作権を考えるのに,ドイツのように,人格権的な要素を含める立法例もあるが,日本の著作権法は著作権をもって財産権と定め,著作者人格権は別個の独立した権利と定めている(具体的には以下の権利をさす。(1)未公表の著作物を公表する権利,(2)著作物の原作品に著作者として名前を表示しまたは表示しない権利,(3)著作物およびその題号の同一性を保持する権利)。…

【電子情報の知的所有権】より


[電子情報の著作権制度]
 著作権制度は,文化の発展に寄与することを目的とする知的所有権制度である。この目的を達成する手段として,著作者に著作者人格権と狭義の著作権を与え,著作物を公衆に伝える役割をもつ俳優・歌手・演奏者等の実演家,レコード(音楽用CDの原盤)製作者および放送事業者等に著作隣接権を与える。 日本の著作権法は,著作物を〈思想または感情を創作的に表現したものであって,文芸,学術,美術または音楽の範囲に属するもの〉(2条1項1号)と定義している。…

※「著作者人格権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

著作者人格権の関連キーワード知的財産権(知的財産)著作権法(日本)フリーウェア著作隣接権著作人格権知的財産

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

著作者人格権の関連情報