変名(読み)へんめい

精選版 日本国語大辞典「変名」の解説

へん‐めい【変名】

〘名〙 (「めい」は「名」の慣用音) 本名をかくしてほかの名を使うこと。また、その名。へんみょう。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「大統領は国王の変名にすぎず」

へん‐みょう ‥ミャウ【変名】

〘名〙 (「みょう」は「名」の呉音) =へんめい(変名)
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉四「花街新聞紙に、文明舎化笑の変名(ヘンメウ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「変名」の解説

へん‐めい【変名】

[名](スル)本名を隠して別の名を称すること。また、その名。へんみょう。

へん‐みょう〔‐ミヤウ〕【変名】

[名](スル)へんめい(変名)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android