変名(読み)へんめい

精選版 日本国語大辞典「変名」の解説

へん‐めい【変名】

〘名〙 (「めい」は「名」の慣用音) 本名をかくしてほかの名を使うこと。また、その名。へんみょう。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「大統領は国王の変名にすぎず」

へん‐みょう ‥ミャウ【変名】

〘名〙 (「みょう」は「名」の呉音) =へんめい(変名)
西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉四「花街新聞紙に、文明舎化笑の変名(ヘンメウ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「変名」の解説

【変名】へんめい

名をかえかくす。〔史記、貨殖伝〕(はんれい)に會稽の恥を(そそ)ぎ、~乃ち舟に乘りて江湖にび、名を變へを易(か)ふ。齊に之(ゆ)きて鴟夷(しい)子皮(刑余の人の意)と爲し、に之きて朱と爲す。~十九年の中、三たび千金を致す。

字通「変」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android