コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民主スロバキア運動 みんしゅスロバキアうんどうHnutie za Demokratické Slovensko

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民主スロバキア運動
みんしゅスロバキアうんどう
Hnutie za Demokratické Slovensko

スロバキアの政党。旧チェコスロバキア時代に民主化を推進したスロバキア側の市民組織「暴力に反対する大衆 (VPN) 」の一部が 1991年5月に結成した。民族主義的な立場から国内産業の保護,少数民族の保護,ヨーロッパ連合 EUおよび北大西洋条約機構 NATOへの積極的参加を掲げる。 92年6月の総選挙で 37%の得票を獲得,90年6月から 91年3月まで共和国首相をつとめていたウラジーミル・メチアル党首が共和国首相に返り咲いた。メチアルはチェコ側の首相に就任した市民民主党のクラウス議長とチェコスロバキア連邦の解体に基本合意し,93年1月の分離・独立劇の主導権を握った。しかしその後,メチアル首相の権威主義的な政治手法に批判が集ったことで,93年4月にはクニャシコ派を,翌年2月はモラウチーク派を除党したが,94年3月には内閣不信任案が可決され野に下った。だが同年9,10月の総選挙ではスロバキア農民党と選挙協力を組んで第1党の地位に返り咲き,スロバキア国民党,スロバキア労働者協会と連立協定を結び,同年 12月第3次メチアル内閣が発足した。その後メチアル首相の専横政治が国内外から批判を招き,98年9月総選挙ではかろうじて第1党の座を維持したものの他党から連立を拒否された。その結果メチアル内閣は退陣に追込まれ,スロバキア民主連合のミクラシュ・ジュリンダを首班とする連立内閣に政権を譲った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

民主スロバキア運動の関連キーワードイヴァン ガシュパロヴィッチ市民民主党[チェコ]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android