気が回る(読み)きがまわる

精選版 日本国語大辞典「気が回る」の解説

き【気】 が 回(まわ)

① いろいろと推測する。ひがんで悪く考える。邪推する。
狂言記・対馬祭(1730)「『どやらを取っていなふとする。おもしろうない』『それはこなたのがまはってじゃ』」
② 細かなところに気がつく。注意が行きとどく。
当世商人気質(1886)〈饗庭篁村〉三「諸事に気の廻る貴公なれば定めて心病しく思はれやう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「気が回る」の解説

まわ・る

細かいところまで注意がゆきとどく。「そこまで―・らなかった」
邪推する。
「もしやどこぞへ寄ってかと―・った」〈千本桜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android