コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

饗庭篁村 あえばこうそん

7件 の用語解説(饗庭篁村の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

饗庭篁村
あえばこうそん

[生]安政2(1855).8.15. 江戸
[没]1922.6.20. 東京
小説家,劇評家。本名,与三郎。別号,竹の屋主人。江戸文学の継承者で,小説文集『むら竹』 (20巻,1889~90) がある。『東京朝日新聞』に 30年間劇評を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あえば‐こうそん〔あへばクワウソン〕【饗庭篁村】

[1855~1922]小説家・劇評家。江戸の生まれ。本名、与三郎。号は竹の屋主人。江戸戯作文学系の作家。小説「当世商人気質」、「竹の屋劇評集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

饗庭篁村【あえばこうそん】

小説家,劇評家。本名は与三郎。江戸生れ。1874年読売新聞に入社,1886年《当世商人気質》を発表。八文字屋本風の戯作で知られ,明治20年(1887年)前後には須藤南翠ととともに最も人気のある作家となった。
→関連項目新小説中西梅花早稲田文学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

饗庭篁村 あえば-こうそん

1855-1922 明治-大正時代の小説家,劇評家。
安政2年8月15日生まれ。明治7年読売新聞社に入社し,19年小説「当世商人気質(あきゅうどかたぎ)」「人の噂(うわさ)」を連載してみとめられる。22年東京朝日新聞社にうつり,劇評や江戸文学研究に力をいれた。全20巻の著作集「むら竹」がある。大正11年6月20日死去。68歳。江戸出身。本名は与三郎。別号に竜泉居士,竹の屋主人など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

饗庭篁村

没年:大正11.6.20(1922)
生年:安政2.8.15(1855.9.25)
明治時代の小説家,劇評家。本名与三郎,別号竹の屋(舎)主人など。江戸下谷の生まれ。明治7(1874)年,読売新聞社に文選校正掛として入社,のち文才を認められ同紙に『当世商人気質』『人の噂』(ともに1886年)などを連載。江戸小説の伝統のうえに新風俗を加味して歓迎された。坪内逍遥らとも交友。『掘出しもの』(1889)も力作で,旺盛な筆力は著作集形式の作品集『むら竹』(全20巻,小説・紀行68編を収録,1889~90年)に集大成されている。明治22(1889)年,朝日新聞社に移り,小説,劇評,江戸文学研究で活躍するが,古風な文学性のため時流に乗れず,力量を発揮できなかった。

(中島国彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あえばこうそん【饗庭篁村】

1855~1922) 劇評家・小説家・新聞記者。江戸下谷の生まれ。本名、与三郎。別号、竹の屋主人。江戸文学に造詣ぞうけいが深く、作風は軽妙・洒脱しやだつ。著「むら竹」「当世商人気質」「人の噂」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

饗庭篁村
あえばこうそん
(1855―1922)

小説家、劇評家。本名与三郎。別号竹の屋(舎)主人など。江戸生まれ。1874年(明治7)読売新聞社に入社。のち高畠藍泉(らんせん)に認められて編集記者となる。出世作『当世商人気質(とうせいあきうどかたぎ)』(1886)、短編『人の噂(うわさ)』(1886)、『藪(やぶ)の椿(つばき)』(1887)などのほか、井原西鶴(さいかく)の『好色一代女』に倣った『蓮葉(はすは)娘』(1887)などによって、明治20年代初頭の元禄(げんろく)文学復興の先駆的役割を果たした。作品集『むら竹』全20巻のほか、『竹の屋劇評集』があり、また随筆評論集『雀躍(すずめおどり)』は江戸文学研究のための必読書である。根岸、谷中(やなか)に住む文学グループ(根岸派)の中心的存在であった。[尾形国治]
『『明治文学全集26 根岸派文学集』(1971・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の饗庭篁村の言及

【劇評】より

… 近代になると新聞,雑誌などのジャーナリズムの発展につれ,具体的な舞台成果に対する批評,すなわち舞台評主体の職業的劇評家が多く輩出するようになる。日本でも,西欧近代劇の影響を受けた明治以降は,饗庭篁村(あえばこうそん)(1855‐1922),岡本綺堂,伊原青々園など新聞,雑誌に拠る劇評家が数多く登場した。また《歌舞伎》誌の三木竹二は従来の見巧者的な評言ではなく,実証的で清新な歌舞伎批評によってその権威を高めた。…

※「饗庭篁村」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

饗庭篁村の関連キーワード土師清二幸堂得知三島霜川池田与三郎諏訪三郎中内蝶二野沢純山岸荷葉山口寒水劇評家

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone