コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴公 キコウ

デジタル大辞泉の解説

き‐こう【貴公】

[代]二人称の人代名詞。男性が、対等または目下の男性に対して用いる。江戸前期には、武士が目上の男子に対して敬意をもって用いたが、しだいに尊敬度が落ち、江戸末期には、現在の用いられ方になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きこう【貴公】

( 代 )
二人称。男性が同輩程度の男性に対して用いる語。きみ。 〔古くは、多く武士などが目上の者に対して用いた。今日では芝居・時代小説の武士の言葉などに使われる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

貴公の関連キーワードチャイルド・ハロルドの遍歴ジョン ウィリアムズ恋路ゆかしき大将物語ボストン テランアーケイディアエチオピア物語偐紫田舎源氏テンポイントアンドレアス未来のイブソネット集石上中納言ダンディンみとむないささやき竹児女英雄伝大伴大納言摂州合邦辻梅田貴公美源氏物語

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貴公の関連情報