コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴公 キコウ

デジタル大辞泉の解説

き‐こう【貴公】

[代]二人称の人代名詞。男性が、対等または目下の男性に対して用いる。江戸前期には、武士が目上の男子に対して敬意をもって用いたが、しだいに尊敬度が落ち、江戸末期には、現在の用いられ方になった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きこう【貴公】

( 代 )
二人称。男性が同輩程度の男性に対して用いる語。きみ。 〔古くは、多く武士などが目上の者に対して用いた。今日では芝居・時代小説の武士の言葉などに使われる〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

貴公の関連キーワードチャイルド・ハロルドの遍歴若手四天王(囲碁の)恋路ゆかしき大将物語エチオピア物語アーケイディアアンドレアステンポイント偐紫田舎源氏みとむない児女英雄伝ダンディンささやき竹石上中納言ソネット集大伴大納言三輪山伝説未来のイブ梅田貴公美藤原高光藤原実方

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貴公の関連情報