気が差す(読み)キガサス

デジタル大辞泉の解説

気(き)が差・す

うしろめたい持ちがする。気がとがめる。「黙って欠席したので―・す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きがさす【気が差す】

気になる。うしろめたい思いがする。良心がとがめる。 「不義理をしたので-・す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き【気】 が 差(さ)

ある気持や気分が現われる。なんとなく気になる。うしろめたい感じになる。気がとがめる。
※落語・樟脳玉(下の巻)(1891)〈三代目三遊亭円遊〉「『〈略〉其処へ座れ、ナ棟梁』『棟梁なんテ、気が差します。斯(こ)ンな棟梁が有るもんでゲスか』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android