コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樟脳玉 ショウノウダマ

デジタル大辞泉の解説

しょうのう‐だま〔シヤウナウ‐〕【×樟脳玉】

樟脳を玉状にしたもの。水に浮かべて点火しても消えたり熱くなったりしないので、明治頃まで子供の玩具にされた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

樟脳玉(しょうのうだま)

古典落語の演目のひとつ。上方では「源兵衛玉」という。「捻兵衛」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

しょうのうだま【樟脳玉】

樟脳を丸く固めたもの。水に浮かべて点火すると燃え、熱くもならず他の物を焼かない。近世から明治まであった玩具。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

樟脳玉の関連キーワード落語の演題古典落語近世