コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気塊 きかい

大辞林 第三版の解説

きかい【気塊】

数十~数百キロメートルの水平規模で一様な性質をもつ、地表付近の大気の塊。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気塊
きかい

水平方向に気温、湿度などがほぼ一定である空気ののこと。気団と同義語である。ときには、発源地から移動してきた気団と発源地における気団とを区別し、前者を気塊とよぶことがある。[饒村 曜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

気塊の関連キーワード不知火(漁火の異常屈折現象)ショワルター安定指数コリオリのパラメータ断熱過程[大気]雷雨(風雨現象)かげろう(陽炎)等温位面天気図乾燥断熱減率湿潤断熱減率海岸砂漠気候海陸風前線気温の逆転大気安定度上昇気流閉塞前線オゾン層気温減率不連続面雷雨の鼻断熱減率

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android