コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気無し キナシ

デジタル大辞泉の解説

き‐なし【気無し】

[名・形動]
気乗りがしないこと。気が入っていないこと。また、そのさま。
「鏡に映る自分の髪の形に見入りながら、―に言った」〈秋声・足迹〉
心に何ももたないこと。無心であること。また、そのさま。
「領(えり)を延ばして、両手を膝に落して、婦人は―に、平気で坐っていた」〈二葉亭・めぐりあひ〉
思慮がないこと。また、そういう人や、そのさま。
「―にかかってご覧(らう)じませ。私(わつし)どもは、とんだ目に遭ひませう」〈伎・吾嬬鑑〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きなし【気無し】

( 名 ・形動 )
気のりしない・こと(さま)。 「遣る方も無き憂愁うれひから出たこの-/めぐりあひ 四迷
思慮のないさま。また、その人。 「 -にかかつて御覧じませ、私どもはとんだ目に遭ひませう/歌舞伎・吾嬬鑑」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

気無しの関連キーワード何気無し遣る方

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android