コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気管食道科の話 きかんしょくどうかのはなし

家庭医学館の解説

きかんしょくどうかのはなし【気管食道科の話】

 口から肺へと空気が出入りする気管は、胸骨(きょうこつ)(胸の中央に縦に長く触れる骨)の後ろ側にあって、食道は、この気管の背中側にあります。
 食道と気管は接して存在するため、食道を治療しようとすると、気管に関する知識も必要になります。逆もまた同じで、気管の治療をしようとすれば、食道に関する知識が必要になります。
 近年、この2つの臓器の知識をもつ専門医が増えてきて、大学病院、国立病院などの大規模な病院には、常駐するようになってきました。
 この専門医は、気管食道科という診療科をもつ病院にいますが、この診療科名を掲げていなくても、呼吸器外科や消化器外科にこの専門医が所属している病院もあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android