コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胸骨 きょうこつsternum

翻訳|sternum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胸骨
きょうこつ
sternum

胸部前面の中央に縦にあるで,胸椎肋骨とともに胸郭を形成する。肋骨の腹方より分化し,左右から癒合して生じたと考えられ,肋骨とは肋軟骨を介してつながっている。骨の下端剣状突起といって,剣の先のように,みぞおちの中央付近まで突出している。胸骨は魚類を除く脊椎動物にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょう‐こつ【胸骨】

胸郭の前面中央にある、平たくて細長い骨。上縁両側は鎖骨関節をなし、側縁左右に第1~7肋骨(ろっこつ)が連結。下端は剣状突起となり、みぞおちに位置する。

むな‐ぼね【胸骨】

胸の骨。きょうこつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

胸骨【きょうこつ】

胸部の前面正中にある,細長い扁平な骨。胸郭の構成にあずかり,左右の鎖骨と上位7対の肋骨(肋軟骨)がその両側に関節によって付着する。上3分の1は幅広い胸骨柄,下3分の2は細長い胸骨体で,第2肋骨のつく高さで軟骨結合でつながり,この部は多少前方に突出して胸骨角をつくり,その度が強いといわゆる〈はとむね〉となる。
→関連項目鳩胸みぞおち漏斗胸

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

胸骨

 胸の正面中央にある骨で上下に長い扁平な形をしている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうこつ【胸骨】

胸郭の前面中央にある扁平な骨。側縁は七対の肋軟骨と一対の鎖骨と連結。その骨髄は終生造血活動を営むので、骨髄検査に用いられる。むねぼね。

むなぼね【胸骨】

胸の骨。きょうこつ。

むねぼね【胸骨】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胸骨
きょうこつ

胸郭の前壁の正中部にある縦に長い長方形の板状骨をいい、上方が前方に、下方が後方にやや傾いている。胸骨は上方から3部分に分けられる。上部骨は胸骨柄(へい)とよばれる部分で、菱(りょう)形の扁平骨(へんぺいこつ)である。この骨の上端には皮下に触れることができる頸切痕(けいせっこん)とよぶくぼみがあり、そのすぐ下方の両側に鎖骨切痕が存在し、左右の鎖骨の内側端と関節をつくっている。また、鎖骨切痕のすぐ下方の外側縁には第1肋軟骨(ろくなんこつ)が結合している。胸骨柄の下方には胸骨体とよばれる部分が続き、この骨はほぼ長方形である。胸骨体と胸骨柄とは軟骨で結合し、この結合部はやや前方に突出していて体表から触れることができる。この部分の外側には第2肋軟骨がつくので、肋骨を体表から数えるときの重要な指標となる。また、気管分岐部も、ちょうどこの高さにあたる。胸骨体には4対(第3~第6)の肋軟骨が結合する。胸骨の最下部は剣状突起で、いわゆる「みぞおち」といわれる部分に位置する。形は不定形が多いが、ほぼ細長いへら状を呈し、中央部に円孔があったり、骨が縦に二分している場合もある。胸骨体との結合部の外側には第7肋軟骨が結合する。胸骨体と剣状突起との結合部は老年になるにしたがって化骨する。胸骨は男性のほうが女性よりも一般に長く、幅も大きいとされている。胸骨の骨髄には、生涯造血を営む赤色骨髄が含まれているため、骨髄の検査をする場合、しばしば胸骨の骨髄が用いられる。骨髄は胸骨穿刺(せんし)によって採取される。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の胸骨の言及

【胸郭】より

…脊椎動物のうち爬虫類,鳥類,哺乳類において,胸部の背骨つまり胸椎,左右の肋骨,および胸部腹面中央部にある胸骨から成る籠状の骨格。その内部には心臓,肺,胃などがある。…

【骨格】より

…また各椎骨には1対の肋骨が発達し,体腔壁の支柱をなしている。その腹側端は遊離していることもあるが,多くは胸部前壁中に発達した胸骨と連結する。また頭蓋の腹側には消化管の初めの咽頭部を左右から抱く数対の弓状の骨からなる骨格が付属している。…

※「胸骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

胸骨の関連キーワードベッカー‐レンホフ指数狭心症/心筋梗塞ヘーリング現象レンホッフ指数心臓マッサージ竜骨(生物)胸鎖乳突筋縦隔鏡検査内胸動脈上大静脈竜骨突起胸鎖関節大胸筋翼手類胸やけ躯幹骨胸骨筋ゴム腫一対胸腺

胸骨の関連情報