気胸療法(読み)キキョウリョウホウ

精選版 日本国語大辞典の解説

ききょう‐りょうほう ‥レウハフ【気胸療法】

〘名〙 肺結核症の治療法の一つ。病人の胸に針を刺して、胸膜腔内に一定量の空気やガスを入れ、肺をちぢめた状態にして、治療を促進させる療法。気胸。人工気胸療法。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android