水の垂るよう(読み)みずのたるよう

精選版 日本国語大辞典の解説

みず【水】 の 垂(た)るよう

① 刀剣や具足類などのみずみずしく美しいさまにいう。
※小島のくちずさみ(1353)「いろいろの具足共、水のたるやうなる甲のくはがた、さきにきらめきて、夕日にかがやく」
② 人の顔や肌(はだ)などのみずみずしく美しいさまにいう。水のしたたるよう。
※狂歌・狂歌乗合船(1730)「水のたる男盛もあり来しをかはる渕瀬や老の涕(みづはな)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android