夕日(読み)セキジツ

  • ゆうひ〔ゆふ〕
  • 夕日/夕▽陽

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 夕方の沈みつつある太陽。入り日。斜日。ゆうひ。
※本朝無題詩(1162‐64頃)二・見売物女〈藤原忠通〉「可憐鄙服一疾女、夕日沈時売物廻」
※浮世草子・武家義理物語(1688)五「夕日(セキジツ)の移に見る人の目を忍び落行俤」 〔陶弘景‐答謝中書書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夕日の関連情報